独自開発下流方向制御アプリケーション

クラウドからPD Repeaterを介し制御メッセージを受け取り、 何らかの処理をおこなうユーザーが独自に開発したアプリケーションを用いる場合の要点を説明します。

ユーザー定義デバイスの登録と送受信先の設定

ユーザー定義デバイスの登録と送受信先(クラウド)の設定については、 ユーザー定義デバイスの登録と送受信先の設定 に示すデータ収集用アプリケーションにおける設定と同じですが、 WEB UIの「IoTデータ」→「送受信設定」タブの「デバイス設定(ユーザー定義)」メニューの「受信設定」を「有効」とする必要があります。

PD Repeaterからのデータ書き込み

PD Repeaterは、クラウドから制御メッセージを受け取るとWEB UIにて設定したデバイス番号を元に定められる抽象名前空間(abstract)の Unix ドメインソケットに PD Repeaterの下流方向メッセージ に示すフォーマットで書き込みます。
Unixドメインソケットのパス規則は以下となります。
(IoTデータ制御のアプリ設定 に示すユーザー定義のコンフィグを使用する場合、 このパス名を任意のパスに変更することが出来ます。)

\0/pd_handler/<デバイス番号>.sock