PD Broker

PD Brokerは単一のUNIXドメインソケット受けたデータを複数のUNIXドメインソケットに送る、 接続構成をカスタマイズするためのアプリケーションです。

../../../_images/broker_overview.png

例えば、下図のようにPD Handler BLE でビーコンを受け、Node-RED でフィルタリングし、 PD Repeater を介し MQTT 接続でクラウドへデータ送る構成で、 同じ MQTT 接続を用いて制御メッセージを受け取り Node-RED のフィルタリングパラメータと PD Agent を制御しようとする場合等に用いられます。

../../../_images/broker_config.png

WEB UIの「IoTデータ」→「PD Broker」タブからPD Brokerの設定を行うことができます。 | 「PD Broker」タブが表示されていない場合は、IoTデータ制御のアプリ設定 を参照し、PD Brokerを「使用する」に設定して下さい。

../../../_images/pd_broker_init.png

初期状態では上図のようになっています。

「使用設定」を「有効」にすると設定項目が表示されます。
複数のデバイスに対する設定行う場合は「追加」をクリックし設定フォームを追加します。
../../../_images/pd_broker.png

「使用設定」を「有効」にすると上図のように設定項目が表示されます。

PD Broker の設定項目

設定項目

説明

追加

複数の待受けソケットを設定する場合にクリックします。2個目以降の入力フォームが表示されます。

バッファーサイズ

データの最大サイズを設定します。単位はバイトです

待受けソケット:データを待受るUNIXドメインソケットのパス名を設定します。 先頭が '@' の場合は抽象的ドメイン名となります。

書込先設定

「追加」をクリックすると2個目以降の入力フォームが表示されます。

適応トピックフィルタ

待受けソケットから受け取ったメッセージのヘッダーに指定されたトピックと一致する場合にのみ、 書込先ソケットにデータを送ります。 空欄の場合、トピックによるフィルタリングは行われません。

JSONキー

待受けソケットから受け取ったメッセージに指定された JSONキー が含まれている場合にのみ、 書込先ソケットにデータを送ります。 空欄の場合、JSON キーによるフィルタリングは行われません。

書込先ソケット

データの送り先となるUNIXドメインソケットのパス名を設定します。先頭が '@' の場合は抽象的ドメイン名となります。