独自開発アプリケーションの起動/停止制御

幾つかのファイルを用意することで、 WEB UIによるPD Repeaterの起動/停止制御に独自開発アプリケーションを連動さることができます。

アプリケーションの登録

連動させるアプリケーションの名称を次のファイルに登録(記載)します。 :

/etc/default/obsiot-webui-ext-handler

このファイルには、1行に1個のアプリケーション名を記載します。空行及びアプリケーション名の重複は許容されません。

記載例)

testhandler
myhandler

アプリケーションが用いるスクリプトの指定

連動させるアプリケーションが用いるスクリプトを次のファイルに設定します。 :

/etc/default/<アプリケーションの名称>

ファイルにおいては次のように起動・停止・状態確認の各スクリプトを指定します。

bootcmd_<アプリケーション名>="<起動スクリプト>"
haltcmd_<アプリケーション名>="<停止スクリプト>"
statuscmd_<アプリケーション名>="<状態確認スクリプト>"

状態確認スクリプトの結果、"is running" または "RUNNING" または "RUNNIG" が出力される場合、 またはStatusが "inactive", "failed", "dead" ではない場合、 WEB UIのダッシュボードでは稼働中として認識します。

設定例)/etc/default/ testhandler

bootcmd_ testhandler="/etc/init.d/testhandler start"
haltcmd_ testhandler="/etc/init.d/testhandler stop"
statuscmd_ testhandler="/etc/init.d/testhandler status"

尚、起動スクリプト自体に”&”をつけて定義するのはフォーマットエラーとなります。