Modbusサーバーデバイス設定

Modbusサーバーは次表に示すレジスタマップを保持し、 PLC機器からのModbusプロトコルによる接続を待ち受け、 PLC機器の書き込み操作によりレジスタの値を更新すると共に更新されたレジスタとその値を PD Repeaterを介してクラウドに送ります。
また、PD Repeaterを介してクラウドから送られる制御メッセージ(JSON文字列)に基づきレジスタマップを読み書きすることもできます。
PD Handler Modbus Serverのレジスタマップ

レジスタ

開始アドレス

サイズ

デジタル出力(Coils)

0x000

uint8_t × 2048

デジタル入力(Discrete Input)

0x000

uint8_t × 2048

レジスタ出力(Holdig Registers)

0x000

uint16_t × 2048

レジスタ入力(Input Registers)

0x000

uint16_t × 2048

WEB UIの「IoTデータ」→「送受信設定」タブの「Modbusサーバーデバイス設定」メニューより、 Modbusサーバーデバイスの設定を行うことが出来ます。
Modbusサーバーデバイスを利用するためには、WEB UIの「サービス」→「基本」→「Modbus(S)登録」タブより、 サービス機能の基本設定としてModbusサーバーデバイスが登録されている必要があります。
サービス機能の基本設定については、WEB UIセットアップガイドサービス機能 を参照して下さい。
「Modbusサーバーデバイス設定」メニューが表示されていない場合は、IoTデータ制御のアプリ設定 を参照し、 PD Handler MODBUS Serverを「使用する」に設定して下さい。
../../../_images/modbus_server_init.png

登録済のModbusサーバーデバイスが存在している場合、初期状態では上図のようになっています。(デバイスが1個登録されている場合です。)

デバイス毎に送信対象項目にて「送信する」を選択すると各設定項目が表示されます。
送信対象一括有効、送信対象一括無効ボタンにて全ての登録済のデバイスの送信対象を制御できます。

「送信する」を選択すると各設定項目が次のように表示されます。



■ ModbusサーバーデバイスのDevice Type(待ち受けタイプ)が「TCP」で登録されている場合

../../../_images/modbus_server_tcp.png

Device Type が「TCP」で登録されている場合の表示

Modbusサーバデバイス設定(Device Type「TCP」)の設定項目

設定項目

説明

デバイス番号

OpenBlocksシリーズのWEB UI内で管理している番号です。変更はできません。

データ間引間隔

データを間引くための入力データを受け取らない時間をmsec単位で設定します。 0の場合、間引きは行われません。

バッファーサイズ

データの最大サイズを設定します。単位はバイトです。

受信設定

PD Repeaterを介してクラウドからの制御メッセージを受けるか否かを選択します。

ユーザーメモ

登録されたデバイスにて設定されたメモ情報を表示します。

固定情報付与(JSON)

データに付加する静的情報をJSON文字列で設定します。

送信先設定

"使用する"を選択した送信先に対してチェックボックスが選択できるようになります。 チェックを付けた送信先に対して、送信を行います。 チェックをつけると送信先固有の設定項目が表示されます。 送信先固有の設定については、送受信先毎の設定 を参照して下さい。

注釈

  • TCPで待ち受ける場合、ModbusプロトコルのTCPポート(502)を開放しておく必要があります。 WEB UIの「システム」→「フィルター」タブの「フィルター開放設定」メニューにおいて「Modbus」を「有効」に設定して下さい。

  • WEB UIから登録できるDevice Type(待ち受けタイプ)が「TCP」のModbusサーバーデバイスは、TCPポート(502) の開放操作の兼ね合いから1つに制限されています。



■ ModbusサーバーデバイスのDevice Type(待ち受けタイプ)が「RTU」で登録されている場合

../../../_images/modbus_server_rtu.png

Device Type が「RTU」で登録されている場合の表示

Modbusサーバデバイス設定(Device Type「RTU」)の設定項目

設定項目

説明

デバイス番号

OpenBlocksシリーズのWEB UI内で管理している番号です。変更はできません。

データ間引間隔

データを間引くための入力データを受け取らない時間をmsec単位で設定します。 0の場合、間引きは行われません。

バッファーサイズ

データの最大サイズを設定します。単位はバイトです。

バッファーサイズ

データの最大サイズを設定します。単位はバイトです。

受信設定

PD Repeaterを介してクラウドからの制御メッセージを受けるか否かを選択します。

ユーザーメモ

登録されたデバイスにて設定されたメモ情報を表示します。

固定情報付与(JSON)

データに付加する静的情報をJSON文字列で設定します。

デバイスファイル

PLC機器からの接続を待ち受けるシリアルポートのデバイスファイル名を設定します。

ボー・レート

PLC機器からの接続を待ち受けるシリアルポートのボー・レートを選択します。

パリティビット

シリアルポートのパリティビットを選択します。

データビット

シリアルポートのデータビット数を選択します。

ストップビット

シリアルポートのストップビット数を選択します。

ユニットID

PLC機器からの接続を待ち受けるOpenbloks IoT Family側のModbus ユニットIDを設定します。 ユニットIDは、1~247の数値です。

送信先設定

"使用する"を選択した送信先に対してチェックボックスが選択できるようになります。 チェックを付けた送信先に対して、送信を行います。 チェックをつけると送信先固有の設定項目が表示されます。 送信先固有の設定については、送受信先毎の設定 を参照して下さい。

注釈

  • Device Type(待ち受けタイプ)が「RTU」のModbusサーバーデバイスは、複数登録することが可能ですが、 「デバイスファイル」の設定が重複した場合の動作は保障されません。

  • Modbusサーバーデバイスが複数登録されている場合、 レジスタマップは複数のModbusサーバーデバイスで共有されることになります。 ModbusサーバーデバイスとはModbusサーバーの入出力デバイスと解釈して下さい。