MS Azure IoT Hub(iothub)

■ 送受信設定メニューにおける設定

../../../../_images/iothub1.png
送受信設定メニューにおける設定項目

設定項目

説明

インターバル[sec]

送信完了後~送信開始までの時間間隔を秒単位で設定します。

有効時間[sec]

PD Reperterがデータ送信できない場合において、保持する時間を設定します。 0 を指定した場合、データ送信が完了するまで保持し続けます。

サブプロセス再起動間隔[sec]

サブプロセスを再起動する間隔を設定します。 通常デォルト値(86400秒)から変更する必要はありません。 0を指定した場合、再起動は行いません。

ドメイン名

接続先のIoT Hubのドメイン名を設定します。

IoT Hub名

接続先のIoT Hub名を設定します。

QoS

IoT Hubへデータを送信する際のMQTTプロトコルのQoSを設定します。

受信QoS

IoT Hubから制御メッセージを受信する際のMQTTプロトコルのQoSを設定します。

X.509ルート証明書

X.509認証を用いる場合のルート証明書ファイルのパス名を設定します。

IoT Edgeとの通信

IoT Edgeの使用/不使用を選択します。

トピック末尾への/挿入

IoT Edgeへデータを送信する際のMQTTトピックの末尾に'/'を挿入するか選択します。 (IoT Hubとの通信時には影響はありません) *1

GWホスト

IoT Edgeのゲートウェイホスト名を設定します。(IoT Edge使用時のみ) 尚、別ホストにて稼働しているIoT Edgeデータ送信する場合、 IPアドレスまたはFQDNを指定してください。

詳細設定

MQTTプロトコルの詳細値を設定します。

キープアライブ間隔[sec]

MQTTプロトコルのキープアライブインターバルを設定します。

クリーンセッション

MQTTプロトコルのクリーンセッションの使用/不使用を選択します。

Retain機能

MQTTプロトコルのRetain機能の使用/不使用を選択します。

WILL機能

MQTTプロトコルのLWT(LastWill and Testament)機能の使用/不使用を選択します。

WILL QoS機能

MQTTプロトコルがWILLメッセージを送出する際のQoSを設定します。

WILL Retain機能

MQTTプロトコルのWILL Retain機能の使用/不使用を選択します。

WELLプロパティ要素

MQTTプロトコルのWILLトピックに用いられるAzure IoT Hubのプロパティ・バッグを設定します。

WLLメッセージ

MQTTプロトコルのWILLメッセージを設定します。

デバイス一括設定

各デバイス設定メニューにおいて送信対象設定が「送信する」となっている各対象の送信先設定を一括で有効/無効を選択できます。

■ 各デバイス設定メニューにおける設定

../../../../_images/iothub_device.png
各デバイス設定メニューにおける設定項目

設定項目

説明

デバイスID(iothub)

IoT HubのデバイスIDを設定します。

モジュールID(iothub)

IoT Edgeを使用する場合のモジュールIDを設定します。

トランスペアレント(iothub)

IoT Edgeの透過モードを用いるか否かを選択します。 *2

デバイスキー(iothub)

IoT Hubのデバイスキーを設定します。

X.509認証設定(iothub)

X.509認証を使用する場合は”有効”を選択します。

証明書(iothub)

X.509認証のための証明書ファイルのパス名を設定します。

プライベートキー(iothub)

X.509認証のためのプライベートキーのパス名を設定します。

注釈

  1. 2018/09/14現在、トピック末尾に'/'ある場合、IoT Edge経由IoT Hubへのデータ送信に失敗します。 そのため、トピック末尾'/'に挿入しないでください。

  2. IoT Edgeのトランスペアレント(透過モード)を用いる場合、モジュールIDは無視されまます。

  • IoT Edgeを使用しない場合のデバイスIDと使用する場合のデバイスIDは、 Azure ポータルサイト上での登録方法が異なります。 前者はIoT Hubのデバイスエクスプローラから、後者はIoT HubのIoT Edgeから登録します。

  • IoT Edgeを使用する場合のゲートウェイホスト名(GWホスト)とモジュールIDは、 WEB UIの「サービス」→「Azure IoT Edge」→「Edge環境変数」タブにて表示されるIoT Edge の環境変数に与えられている値を用います。

  • OpenBlocksシリーズ BXシリーズとOpenBlocksシリーズ EXシリーズについては、 Docker もしくは Mody が動作しないため、IoT Edge のGWホストとしてローカルホストを使うことは出来ません。

  • X.509ルート証明書・証明書・プライベートキーはWEB UIの「システム」→「ファイル管理」タブにてアップロードしてください。