SoftBankスマ可視専用クラウド(sbiot)

■ 送受信設定メニューにおける設定

../../../../_images/sbiot.png
送受信設定メニューにおける設定項目

設定項目

説明

インターバル[sec]

送信完了後~送信開始までの時間間隔を秒単位で設定します。

有効時間[sec]

PD Reperterがデータ送信できない場合において、保持する時間を設定します。 0 を指定した場合、データ送信が完了するまで保持し続けます。

サブプロセス再起動間隔[sec]

サブプロセスを再起動する間隔を設定します。 通常デォルト値(86400秒)から変更する必要はありません。 0を指定した場合、再起動は行いません。

Brokerアドレス

接続先のSoftBankスマぁ可視専用クラウドのBrokerアドレスを設定します。

QoS

SoftBankスマ可視専用クラウドへデータを送信する際のMQTTプロトコルのQoSを設定します。

受信QoS

SoftBankスマ可視専用クラウドから制御メッセージを受信する際のMQTTプロトコルのQoSを設定します。

クライアントID

SoftBankスマ可視専用クラウドのクライアントIDを設定します。

クラウドID

SoftBankスマ可視専用クラウドのクラウドIDを設定します。

AppユーザーID

SoftBankスマ可視専用クラウドのAPPユーザーIDを設定します。

Appユーザーパスワード

SoftBankスマ可視専用クラウドのAPPユーザーパスワードを設定します。

アセット名

SoftBankスマ可視専用クラウドのアセット名を設定します。

詳細設定

MQTTプロトコルの詳細値を設定します。

キープアライブ間隔[sec]

MQTTプロトコルのキープアライブインターバルを設定します。

クリーンセッション

MQTTプロトコルのクリーンセッションの使用/不使用を選択します。

送信データ折返機能

送信データの折り返しを受ける機能です。 本機能は、本来データを送信する、 あるいはデバイスに対する下流方向制御のメッセージを受信するデバイスゲートウェイを、 データ受信するアプリケーションゲートウェイとして機能させるものです。 下流方向制御が可能なデバイスを接続する場合は、 データあるいはメッセージがループし無いよう配慮する必要があります。

デバイス一括設定

各デバイス設定メニューにおいて送信対象設定が「送信する」となっている各対象の送信先設定を一括で有効/無効を選択できます。

■ 各デバイス設定メニューにおける設定

../../../../_images/sbiot_device.png
各デバイス設定メニューにおける設定項目

設定項目

説明

格納場所(sbiot)

SoftBankスマ可視専用クラウドの格納場所(コンテナ名)を設定します。