Wi-SUN Bルート情報送信設定

OpenBlocksシリーズにWi-SUN Bルートデバイス(拡張追加モジュール)を搭載することで、 PD Handler UARTを用いてWi-SUN Bルートデバイスから情報を取得することができます。
WEB UIの「IoTデータ」→「送受信設定」タブの「Wi-SUN Bルート情報送信設定」メニューより、 Wi-SUN Bルートデバイスから情報を取得し送信する設定を行うことが出来ます。
「Wi-SUN Bルート情報送信設定」メニューが表示されていない場合は、 IoTデータ制御のアプリ設定 を参照し、PD Handler UARTを「使用する」に設定し「使用対象」として「Wi-SUN Bルート」を選択して下さい。
../../../_images/wi-sun_b_init.png

初期状態の送信先設定は上図のようになっています。

EnOceanデバイス設定の初期設定項目

設定項目

説明

デバイスファイル

拡張追加モジュールを使用する場合は「/dev/ttyEX2」を選択して下さい。

../../../_images/wi-sun_b.png

「送信する」を選択すると各設定項目が上図のように表示されます。

ビーコン送信設定の設定項目

設定項目

説明

デバイス番号

OpenBlocksシリーズのWEB UI内で管理している番号です。変更はできません。

データ間引間隔

データを間引くための入力データを受け取らない時間をmsec単位で設定します。 0の場合、間引きは行われません。

バッファーサイズ

データの最大サイズを設定します。単位はバイトです。

BルートID

スマートメーターに接続する際のBルートIDを設定して下さい。 BルートIDは "00" から始まります。

Bルートパスワード

スマートメーターに接続する際のパスワードを設定して下さい。

送信先設定

"使用する"を選択した送信先に対してチェックボックスが選択できるようになります。 チェックを付けた送信先に対して、送信を行います。 チェックをつけると送信先固有の設定項目が表示されます。 送信先固有の設定については、送受信先毎の設定 を参照して下さい。