PD Handler SW4x

PD Handler SW4x は、セイコーインスツル社製 SW4000 シリーズ無線センサーネットワークにおいて、同シリーズのシリアル接続型ベースデバイスを介し、設定ファイル pd_handler_sw4x.conf とモデリングファイル pd_handler_sw4x_model.conf、RTU モデリングファイル pd_handler_sw4x_rtu.conf、並びに Modbus 用モデリングファイル pd_handler_modbus_2_model.conf の設定に基づき、同ネットワークに接続されるセンサーノードもしくはモニターノードより送信されるデータをハンドリングします。
また、PD Repeater を介しクラウドから送られる JSON 文字列によるセンサーノードもしくはモニターノードに対する制御も可能です。

対応ノード一覧

PD Handler SW4x がサポートするノードの一覧を示します。

PD Handler SW4x がサポートするノードの一覧

名称

型番

Unit Type

機能

温度ノード

SW-42P0-1x01

0x00

温度のモニター

温・湿度ノード

SW-4210-1202

0x01

温度・湿度のモニター

照度ノード

SW-4210-1205

0x02

照度のモニター

温・湿度・照度ノード

SW-4210-1204

0x03

温度・湿度・照度のモニター

人感ノード(活動量)

SW-4220-1000

0x09

人の活動量をモニター

パルスカウントノード

SW-4240-1000

0x0A

入力パルスの積算カウント

人感ノード (人感)

SW-4220-1010

0x0B

人を検出時に送信

リモコン温・湿度ノード

SW-42J0-1202

0x0D

温度・湿度のモニターと

赤外線リモコン信号の発信

パルスピックノード

SW-42K0-1000

0x0F

入力パルスの積算カウント

電流センサーノード(5A)

SW-42DD-1000

0x10

電流・電力・積算電力のモニター

電流センサーノード(200A)

SW-42DD-1100

0x11

電流センサーノード

SW-42D0-1000

0x12

CO2ノード

SW-4230-1000

0x20

二酸化炭素濃度のモニター

電力モニターノード

SW-4260-1110

0x21

オムロン社製 KM20-B40-FLK、

KM50-C・Eシリーズのデータ送信

Modbus RTU ノード

SW-4280-1000

0x23

Modbus RTU 機器の制御

電力モニターノード

SW-4260-1120

0x28

オムロン社製 KM-N1-FLKシリーズ

のデータ送信

バイタルセンサーノード

SW-42L0-4000

0xA0

脈拍・体温のモニター

デォルトパス

PD Handler SW4x に関連するファイルのデォルトパスは次の通りです。

PD Handler SW4x に関連するファイルのデォルトパス

パス名

説明

/usr/sbin/pd_handler_sw4x

常駐実行オブジェクト(デーモン)

/usr/sbin/pd_handler_sw4x_cli

コマンドラインインタフェース

/etc/init.d/pd_handler_sw4x

RCファイル

/lib/systemd/system/pd_handler_sw4x.service

Systemd Serviceファイル

/var/webui/config/pd_handler_sw4x.conf

設定ファイル

/var/webui/config/pd_handler_sw4x_model.conf

モデリングファイル

/var/webui/config/pd_handler_sw4x_rtu.conf

RTUモデリングファイル

/var/webui/config/pd_handler_modbus_2_model.conf

Modbusモデリングファイル

/var/webui/config/pd_handler_modbus_2_model.conf.default

Modbusモデリングファイル(デフォルト)

/var/run/pd_handler_sw4x.pid

PIDファイル

PD Handler SW4xのモデリングは実行オブジェクトにハードコーディングされているため、モデリングファイルは、出力メッセージの書式を変更する場合にのみ必要となります。
変更する場合は /usr/share/pdhms/sw4x/pd_handler_sw4x_model.conf.default を/var/webui/config/pd_handler_sw4x_model.conf へコピーし、値のみを編集して下さい。
配列の要素数とその順列が変更された場合の動作は保証されません。

モデリングファイルの書式

構文

{
    "<モデルキ>": {
                <モデルオブジェクト>
        }
        "<モデルキー>": {
                <モデルオブジェクト>
        }
}

モデルキー

モデルキーの一覧を示します。

モデルキーの一覧

キー

名称

型番

SW4X_COMMON

モデルに依存しない共通項の設定用

SW42P0_1x01

温度ノード

SW-42P0-1x01

SW4210_1202

温・湿度ノード

SW-4210-1202

SW4210_1205

照度ノード

SW-4210-1205

SW4210_1204

温・湿度・照度ノード

SW-4210-1204

SW4220_1000

人感ノード(活動量)

SW-4220-1000

SW4240_1000

パルスカウントノード

SW-4240-1000

SW4220_1020

人感ノード (人感)

SW-4220-1010

SW42J0_1202

リモコン温・湿度ノード

SW-42J0-1202

SW42K0_1000

パルスピックノード

SW-42K0-1000

SW42DD_1000

電流センサーノード(5A)

SW-42DD-1000

SW42DD_1100

電流センサーノード(200A)

SW-42DD-1100

SW42D0_1000

電流センサーノード

SW-42D0-1000

SW4230_1000

CO2ノード

SW-4230-1000

SW4260_1x10

電力モニターノード

SW-4260-1110

SW4280_1000

Modbus RTU ノード

SW-4280-1000

SW4260_1x20

電力モニターノード

SW-4260-1120

SW42L0_4000

バイタルセンサーノード

SW-42L0-4000

SW4100_1000

ルーターノード

SW-4100-1000

SB4020_1000

OpenBlocksシリーズ アドオンモジュール

SB-4020-1000

SW4000_1000

USBベース

SW-4000-1000

SW4300_1000

Ethernet ベース

SW-4300-1000

SW4500_1000

RS-232 ベース

SW-4500-1000

モデルオブジェクト

モデルオブジェクトは、次のオブジェクトから構成されています。 但し、enable, nodeInfos, predictio, inits, polls の各キーはモデルによって存在しない場合があります。

モデルオブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

モデルのデータをハンドリングするか否か. デフォルト値は true.

refuse_empty

論理型

include されているデータが存在しない場合、unitType や timestamp 等の共通項の送信を行わない. デフォルト値は false.

keys

JSON配列

モデルの持つデーターモデルの並び.

infos

JSON obj

出力に付加されるモデルのユーザー定義オブジェクト.

precision

整数値

JSON文字列にダンプされる際のリアル型データの精度(libjanssonに与えるパラメータ).

nodeInfos

JSON obj

接続されているノード(RID)の一覧.

inits

JSON配列

PD Handler SW4x 起動時にノードに与えられる動作パラメータ設定コマンドの並び.

polls

JSON配列

定期データ取得用オブジェクトの並び.

keys オブジェクト

keys オブジェクトの数(配列の要素数)と設定可能なキーはモデルと配列の要素のデータの型等によって異なります。
配列の要素とその順列は、モデル毎に固定されているため、値を変更する場合は /usr/share/pdhms/sw4x/pd_handler_sw4x_model.conf.default を/var/webui/config/pd_handler_sw4x_model.conf へコピーし、値のみを編集して下さい。配列の要素数とその順列が変更された場合の動作は保証されません。
keys オブジェクト

キー

データ型

説明

key

文字列

キーの文字列 (32byte).

include

論理型

このキーを出力に含めるか否か.

form

文字列

値のフォーマットとして 'bool'(論理表記 true/false),'dec'(10進数),'HEX'(16進数大文字),'hex'(16進数小文字)のいずれかを指定する.

ratio

整数値

値の係数に用いる10を低とする冪乗値の冪指数を指定する. デフォルト値は 0

nodeInfos オブジェクト

nodeInfos オブジェクトは、接続されているノードど一覧を示す付加情報であり、SW4X_COMMON オブジェクトにのみ記載されます。
nodeInfos を出力に含めるか否かは、keys オブジェクト配列の18番目の要素に指定します。
nodeInfos オブジェクト

キー

データ型

説明

ridNNN

文字列

RID 'NNN' に接続されるノードを示す任意の文字列 (64byte).

inits オブジェクト

inits オブジェクトは、SW-4230-1000 CO2 ノードのように動作パラメータを設定できる ノードに対し、PD Handler SW4x 起動時にノードへ送信する設定コマンドを指定するためのオブジェクトです。

inits オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

この初期化処理を行うか否か.

rid

整数又は文字列

対象ノードの RIDを '0xNN' 形式の16進数もしくは整数で指定する.

cmd

文字列

'0x' から始まる 26 文字のコマンド文字列コマンド文字列.

description

文字列

モデリングファイル上のコメント.

pollsオブジェクト

polls オブジェクトは、SW-4230-1000 CO2 ノードのように任意にデータを読み出せるノードに対する、ポーリング処理の諸元を指定します。
SW-4280-1000 Modbus RTU ノード用とその他のモデル用(汎用)で、指定可能なオブジェクトが異ります。

汎用

汎用 pools オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

このポーリング処理を行うか否か.

rid

整数又は文字列

対象ノードの RIDを '0xNN' 形式の16進数もしくは整数で指定する.

cmd

文字列

'0x' から始まる 26 文字のコマンド文字列コマンド文字列.

interva

整数値

データを取得する間隔(sec). デフォルト値は 60.

time_sync

論理値

基準時刻制御モード. デフォルト値は false.

base_time

文字列

基準時刻制御モードの基準時刻を 'HH:MM' 形式で指定する. デフォルト値は '00:00'.

description

文字列

モデリングファイル上のコメント.

SW-4280-1000 Modbus RTUノード用

SW-4280-1000 Modbus RTU ノード用pools オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

このポーリング処理を行うか否か.

rid

整数又は文字列

対象ノードの RIDを '0xNN' 形式の16進数もしくは整数で指定する.

unitId

整数又は文字列

PLC機器の Modbus ユニット ID. 1 〜 247 又は 255 (TCPプロトコルのみ). '0x' で始まる 16進数表記の文字列入力も可能.

maker

文字列

Modbus モデルファイルに定義されるメーカー名 (64byte).

product

文字列

Modbus モデルファイルに定義されるプロダクト名 (64byte).

model

文字列

Modbus モデルファイルに定義されるmodel名 (64byte).

sku

文字列

Modbus モデルファイルに定義される sku 名 (64byte).

interval

整数値

データを取得する間隔(sec). デフォルト値は 60.

time_sync

論理値

基準時刻制御モード. デフォルト値は false.

base_time

文字列

基準時刻制御モードの基準時刻を 'HH:MM' 形式で指定する. デフォルト値は '00:00'.

description

文字列

モデリングファイル上のコメント.

モデル別オブジェクト

SW4X_COMMON オブジェクト

SW4X_COMMON オブジェクトには、各モデル共通のキー等が設定されます。
SW4X_COMMON オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。
SW4X_COMMON オブジェクト

キー

データ型

説明

keys

JSON配列

オブジェクト数 25

infos

JSON obj

nodeInfos

JSON obj

SW4X_COMMONオブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4X_COMMON の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

timestamp

true

ISO8601拡張書式タイムスタンプ

2

unitId

true

HEX

SID データの送信元 ID

3

unitType

true

HEX

ユニットのタイプコード

4

model

false

モデル名

5

description

false

モデルの機能概要

6

ctrlCode

false

HEX

制御コード

7

batteryVoltage

true

HEX

電池電圧の状態コード

0x00:

2.8V以上

0x01:

BLD1(2.5~2.8V)

0x02:

BLD2(2.5V未満)

8

swVersion

true

ノードのソフトウェアバージョン NNN.NNN.NNN

9

routes

true

経路情報を付加するか否か

10

unitId

HEX

経路情報のデータ中継ユニットID

11

RSSI

HEX

経路情報の RSSI

12

rid

true

HEX

RID

13

gid

false

HEX

GID

14

rfChannel

false

dec

無線チャンネル番号

15

rfPower

false

dec

無線出力 1 or 20 (mW)

16

cmd

true

コマンド文字列

17

msg

true

メッセージ文字列

18

nodeInfos

false

nodeInfos オブジェクト

19

errorCode

true

HEX

エラーコード

20

rawData

RAWモード時のデータ

21

request_from

true

応答メッセージに含まれるリクエスト元クラウドID

22

reply_to

true

応答メッセージに含まれるリクエストメッセージの MD5

23

result

true

bool

応答メッセージに含まれるリクエスト実行の成否

24

reason

true

応答メッセージに含まれるリクエスト失敗時のエラーメッセージ

25

request

true

応答メッセージに含まれるリクエストメッセージ

SW42P0_x01 オブジェクト

SW42P0_x01 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42P0_x01 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 2

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 5

SW42P0_x01 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42P0_x01 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

temperature

true

-1

温度(℃) -79.9 〜 79.9

2

tempeStaus

true

bool

温度の測定ステータス

SW4210_1202 オブジェクト

SW4210_1202 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4210_1202 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 4

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 5

SW4210_1202 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4210_1202 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

temperature

true

-1

温度(℃) -79.9 〜 79.9

2

humidity

true

-1

湿度(%) 0.0 〜 100.0

3

tempeStaus

true

bool

温度の測定ステータス

4

humidStaus

true

bool

湿度の測定ステータス

SW4210_1205 オブジェクト

SW4210_1205 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4210_1205 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 2

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 5

SW4210_1205 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4210_1205 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

illuminance

true

0

照度(lx) 0 〜 99999

2

illumStatus

true

bool

照度の測定ステータス

SW4210_1204 オブジェクト

SW4210_1204 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4210_1204 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 6

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 5

SW4210_1204 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4210_1204 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

temperature

true

-1

温度(℃) -79.9 〜 79.9

2

humidity

true

-1

湿度(%) 0.0 〜 100.0

3

illuminance

true

0

照度(lx) 0 〜 99999

4

tempeStaus

true

bool

温度の測定ステータス

5

humidStaus

true

bool

湿度の測定ステータス

6

illumStatus

true

bool

照度の測定ステータス

SW4220_1000 オブジェクト

SW4220_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4220_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 3

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 17

SW4220_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4220_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

humanCount

true

0

人感検出回数 0 〜 4095

2

detectionMaxWidth

true

1

人感検出幅 MAX 0 〜 255

3

detectionMinWidth

true

1

人感検出幅 MIN 0 〜 255

SW4240_1000 オブジェクト

SW4240_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4240_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 3

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 17

SW4240_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4240_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

pulseCount1

true

0

パルスカウント数1 0 〜 99999999

2

pulseCount2

true

0

パルスカウント数2 0 〜 99999999

3

eepromStatus

true

bool

EEPROM ステータス

SW4220_1020 オブジェクト

SW4220_1020 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4220_1020 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 2

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 17

SW4220_1020 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4220_1020 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

humanDetectCount

true

0

人感検知カウント 0 〜 99999999

2

periodic

true

bool

定期送信を示すフラグ

SW42J0_1202 オブジェクト

SW42J0_1202 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42J0_1202 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 7

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 5

SW42J0_1202 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42J0_1202 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

temperature

true

-1

温度(℃) -79.9 〜 79.9

2

humidity

true

-1

湿度(%) 0.0 〜 100.0

3

tempeStaus

true

bool

温度の測定ステータス

4

humidStaus

true

bool

湿度の測定ステータス

5

subCrtlCode

true

HEX

サブ制御コード

6

confData

true

設定データ. ノードの設定情報バイト列.

7

cmdRespons

true

受信確認レスポンスバイト列.

SW42K0_1000 オブジェクト

SW42K0_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42K0_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 2

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 15

SW42K0_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42K0_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

integralPowerConsum

true

-4

積算電力(Kwh) 0.0000 〜 99999999.9999

2

eepromStatus

true

bool

EEPROM ステータス

SW42DD_1000 オブジェクト

SW42DD_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42DD_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 26

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 15

SW42DD_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42DD_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

distributionSystem12

true

CH1,2の配電方式.

1P2W(1CT):

単相二線式1CT

3P3W(1CT):

三相三線式1CT

1P3W(2CT):

単相三線式2CT

3P3W(2CT):

三相三線式2CT

2

distributionSystem34

true

CH3,4の配電方式. 前項と同じ

3

outputChannel1

true

bool

CH1の出力状態

4

outputChannel2

true

bool

CH2の出力状態

5

outputChannel3

true

bool

CH3の出力状態

6

outputChannel4

true

bool

CH4の出力状態

7

meanCurrent1

true

-3

CH1平均電流(A) 0.000 〜 9.999

8

meanCurrent2

true

-3

CH2平均電流(A) 0.000 〜 9.999

9

meanCurrent3

true

-3

CH3平均電流(A) 0.000 〜 9.999

10

meanCurrent4

true

-3

CH4平均電流(A) 0.000 〜 9.999

11

instantCurrent1

true

-3

CH1瞬時電流(A) 0.000 〜 9.999

12

instantCurrent2

true

-3

CH2瞬時電流(A) 0.000 〜 9.999

13

instantCurrent3

true

-3

CH3瞬時電流(A) 0.000 〜 9.999

14

instantCurrent4

true

-3

CH4瞬時電流(A) 0.000 〜 9.999

15

meanPower1

true

-3

CH1平均電力(Kw) 0.000 〜 9.999

16

meanPower2

true

-3

CH2平均電力(Kw) 0.000 〜 9.999

17

meanPower3

true

-3

CH3平均電力(Kw) 0.000 〜 9.999

18

meanPower4

true

-3

CH4平均電力(Kw) 0.000 〜 9.999

19

instantPower1

true

-3

CH1瞬時電力(Kw) 0.000 〜 9.999

20

instantPower2

true

-3

CH2瞬時電力(Kw) 0.000 〜 9.999

21

instantPower3

true

-3

CH3瞬時電力(Kw) 0.000 〜 9.999

22

instantPower4

true

-3

CH4瞬時電力(Kw) 0.000 〜 9.999

23

integralPowerConsum1

true

-2

CH1積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

24

integralPowerConsum2

true

-2

CH2積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

25

integralPowerConsum3

true

-2

CH3積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

26

integralPowerConsum4

true

-2

CH4積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

SW42DD_1100 オブジェクト

SW42DD_1100 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42DD_1100 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 26

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 15

SW42DD_1100 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42DD_1100 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

distributionSystem12

true

CH1,2の配電方式.

1P2W(1CT):

単相二線式1CT

3P3W(1CT):

三相三線式1CT

1P3W(2CT):

単相三線式2CT

3P3W(2CT):

三相三線式2CT

2

distributionSystem34

true

CH3,4の配電方式. 前項と同じ

3

outputChannel1

true

bool

CH1の出力状態

4

outputChannel2

true

bool

CH2の出力状態

5

outputChannel3

true

bool

CH3の出力状態

6

outputChannel4

true

bool

CH4の出力状態

7

meanCurrent1

true

-1

CH1平均電流(A) 0.0 〜 999.9

8

meanCurrent2

true

-1

CH2平均電流(A) 0.0 〜 999.9

9

meanCurrent3

true

-1

CH3平均電流(A) 0.0 〜 999.9

10

meanCurrent4

true

-1

CH4平均電流(A) 0.0 〜 999.9

11

instantCurrent1

true

-1

CH1瞬時電流(A) 0.0 〜 999.9

12

instantCurrent2

true

-1

CH2瞬時電流(A) 0.0 〜 999.9

13

instantCurrent3

true

-1

CH3瞬時電流(A) 0.0 〜 999.9

14

instantCurrent4

true

-1

CH4瞬時電流(A) 0.00 〜 999.9

15

meanPower1

true

-2

CH1平均電力(Kw) 0.00 〜 99.99

16

meanPower2

true

-2

CH2平均電力(Kw) 0.00 〜 99.99

17

meanPower3

true

-2

CH3平均電力(Kw) 0.00 〜 99.99

18

meanPower4

true

-2

CH4平均電力(Kw) 0.00 〜 99.99

19

instantPower1

true

-2

CH1瞬時電力(Kw) 0.00 〜 99.99

20

instantPower2

true

-2

CH2瞬時電力(Kw) 0.00 〜 99.99

21

instantPower3

true

-2

CH3瞬時電力(Kw) 0.00 〜 99.99

22

instantPower4

true

-2

CH4瞬時電力(Kw) 0.00 〜 99.99

23

integralPowerConsum1

true

-2

CH1積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

24

integralPowerConsum2

true

-2

CH2積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

25

integralPowerConsum3

true

-2

CH3積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

26

integralPowerConsum4

true

-2

CH4積算有効電力量(Kwh)

0.00 〜 9999999.99

SW42D0_1000 オブジェクト

SW42D0_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42DD_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 19

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 15

SW42D0_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42D0_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

channel1LowCurrent

true

bool

CH1の電流が1A未満

2

distributionSystem12

true

CH1,2の配電方式.

1P2W(1CT):

単相二線式1CT

3P3W(1CT):

三相三線式1CT

1P3W(2CT):

単相三線式2CT

3P3W(2CT):

三相三線式2CT

3

distributionSystem34

true

CH3,4の配電方式. 前項と同じ

4

outputChannel1

true

bool

CH1の出力状態

5

outputChannel2

true

bool

CH2の出力状態

6

outputChannel3

true

bool

CH3の出力状態

7

outputChannel4

true

bool

CH4の出力状態

8

current1

true

-1

CH1電流(A) 0.0 〜 999.9

9

current2

true

-1

CH2電流(A) 0.0 〜 999.9

10

current3

true

-1

CH3電流(A) 0.0 〜 999.9

11

current4

true

-1

CH4電流(A) 0.0 〜 999.9

12

power1

true

-1

CH1電力(Kw) 0.0 〜 999.9

13

power2

true

-1

CH2電力(Kw) 0.0 〜 999.9

14

power3

true

-1

CH3電力(Kw) 0.0 〜 999.9

15

power4

true

-1

CH4電力(Kw) 0.0 〜 999.9

16

integralPowerConsum1

true

-1

CH1積算有効電力量(Kwh)

0.0 〜 99999999.9

17

integralPowerConsum2

true

-1

CH2積算有効電力量(Kwh)

0.0 〜 99999999.9

18

integralPowerConsum3

true

-1

CH3積算有効電力量(Kwh)

0.0 〜 99999999.9

19

integralPowerConsum4

true

-1

CH4積算有効電力量(Kwh)

0.0 〜 99999999.9

SW4230_1000 オブジェクト

SW4230_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4230_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 3

inits

JSON配列

polls

JSON配列

汎用 polls オブジェクト

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 17

SW4230_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4230_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

co2

true

0

二酸化炭素濃度 (ppm) 0 〜 99999

2

altitude

true

0

高度 (m) 0 〜 9999

3

periodicCode

true

HEX

読みだし周期コード.

0x00: 無し 0x01: 1分 0x02: 5分 0x03: 10分

SW4260_1x00 オブジェクト

SW4260_1x00 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4260_1x00 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 15

inits

JSON配列

polls

JSON配列

汎用 polls オブジェクト

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 15

SW4260_1x00 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4260_1x00 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

sensorNo

true

dec

センサー番号

2

voltageP1P2

true

-2

P1-P2間電圧 (V) 0.00 〜 99999.90

3

voltageP2P3

true

-2

P2-P3間電圧 (V) 0.00 〜 99999.90

4

current1

true

-2

I1電流 (A) 0.00 〜 9999.99

5

current2

true

-2

I2電流 (A) 0.00 〜 9999.99

6

activePower

true

-2

有効電力 (Kw) -9999999.99 〜 9999999.99

7

powerFactor

true

-2

力率 -1.00 〜 1.00

8

frequency

true

-2

周波数 (Hz) 45.00 〜 65.00

9

integralPowerConsum

true

-2

積算電力量 (kwh) 0.00 〜 999999999.00

10

sensorStatus

true

センサーステータス 0xNNNN

11

sensorVersion

true

センサースバージョン 0xNNNNNNNN

12

sensorParameter

true

dec

センサーパラメタ番号 0 〜 9

13

sensorConfig

true

センサーパラメタ設定値 0xNNNNNN

14

periodicCode

true

HEX

読みだし周期コード.

0x00:

無し

0x01:

1分

0x02:

5分

0x03:

10分

15

sensorConnected

true

接続センサー番号 0xNNNNNNNN

SW4280_1000 オブジェクト

SW4280_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4280_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 4

inits

JSON配列

SW-4280-1000 Modbus RTU ノード用 polls オブジェクト

polls

JSON配列

infos

JSON obj

precision

整数値

Modbus モデリングファイルの設定を優先

SW4280_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4280_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

length

true

dec

Modbus メッセージ長 6 〜 10

2

modbusId

true

HEX

Modbus アドレス.

Modbus のユニット ID 0xNN

3

unitId

true

HEX

SID データの送信元 ID

4

modbusFunction

true

HEX

Modbus のファンクション番号 0xNN

5

modbusData

true

Modbus ノードを介して取得したデータ

0xNNNNNNNNNNNNNNNN

polls オブジェクトに設定されたポーリング処理は Modbus モデリングファイルに応じたキー/バリューフォーマットで出力されます。
本 keys オブジェクトに設定されるフォームは、下流方向制御等によって SW-4280-1000 Modbus RTU ノードより意図しないメッセージが、送られて来た場合にのみ適用されます。

SW4260_1x20 オブジェクト

SW4260_1x20 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4260_1x20 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 18

inits

JSON配列

polls

JSON配列

汎用 polls オブジェクト

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 15

SW4260_1x20 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4260_1x20 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

circuitNo

true

dec

回線番号

2

voltage1

true

-2

電圧1 (V) 0.00 〜 999999.90

3

voltage2

true

-2

電圧2 (V) 0.00 〜 999999.90

4

voltage3

true

-2

電圧3 (V) 0.00 〜 999999.90

5

current1

true

-2

電流1 (A) 0.00 〜 99999.99

6

current2

true

-2

電流2 (A) 0.00 〜 99999.99

7

current3

true

-2

電流3 (A) 0.00 〜 99999.99

8

activePower

true

-2

有効電力 (Kw) -214748.36 〜 214748.36

9

activePowerW

true

-2

有効電力 (W)

-214748364.70 〜 214748364.70

10

reactivePower

true

-2

無効電力 (Var)

-214748364.70 〜 214748364.70

11

powerFactor

true

-2

力率 -1.00 〜 1.00

12

frequency

true

-2

周波数 (Hz) 45.00 〜 65.00

13

integralPowerConsum

true

-2

積算電力量 (Kwh) 0.00 〜 999999999.00

14

integralPowerConsumW

true

-2

積算電力量 (Wh) 0.00 〜 999999999.00

15

sensorStatus

true

センサーステータス 0xNNNN

16

sensorVersion

true

センサースバージョン 0xNNNNNNNN

17

periodicCode

true

HEX

読みだし周期コード.

0x00:

無し

0x01:

1分

0x02:

5分

0x03:

10分

18

sensorConnected

true

接続回線番号 0xNNNNNNNN

SW42L0_4000 オブジェクト

SW42L0_4000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW42L0_4000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 6

infos

JSON obj

precision

整数値

デフォルト値 5

SW42L0_4000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW42L0_4000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

pulse

true

0

脈拍(bpm) 30 〜 240

2

temperature

true

-1

体温(℃) 10.0 〜 45.0

3

sensorStaus

true

bool

Gセンサーの状態

4

helpAlart

true

bool

HELP 発報

5

pulseStaus

true

bool

脈拍の測定ステータス

6

tempeStaus

true

bool

体温の測定ステータス

SW4000_1000, SW4100_1000, SB4020_1000, SW4300_1000, SW4500_1000 オブジェクト

SW4000_1000, SW4100_1000, SB4020_1000, SW4300_1000, SW4500_1000 オブジェクトで設定可能なブジェクトを示します。

SW4000_1000, SW4100_1000, SB4020_1000, SW4300_1000, SW4500_1000 オブジェクト

キー

データ型

説明

enable

論理型

デフォルト値 true

keys

JSON配列

オブジェクト数 18

inits

JSON配列

SW4000_1000, SW4100_1000, SB4020_1000, SW4300_1000, SW4500_1000 オブジェクトに記載される keys オブジェクトの並びとデフォルト値を示します。

SW4000_1000, SW4100_1000, SB4020_1000, SW4300_1000, SW4500_1000 の keys オブジェクト

列番

key

include

form

ratio

説明

1

periodic

true

bool

定期送信を示すフラグ

RTU モデリングファイルの書式

RTU モデリングファイルは、モデリングの内 SW4280_1000 オブジェクト の inits オブジェクトと pollsオブジェクトを別ファイルで設定するために用意されたファイルです。
PD Handler SW4x の RTU モデリングファイルは次の書式で構成されます。
{
    "inits": [
            <inits オブジェクト>,
            <inits オブジェクト>
    ],
    "polls": [
        <SW-4280-1000 Modbus RTU ノード用の polls オブジェクト>,
        <SW-4280-1000 Modbus RTU ノード用の polls オブジェクト>
    ]
}

inits オブジェクトSW-4280-1000 Modbus RTUノード用 の polls オブジェクトの書式は、モデリングファイルと同じです。

Modbus モデリングファイルの書式

PD Handler SW4x の Modbus モデリングファイルはの書式は、PD Handler Modbus 2 のモデリングファイルと同じです。
デフォルトでは PD Handler Modbus 2 と同じファイルを用います。

基準時刻制御モード

基準時刻制御は、polls オブジェクトの time_sync で有効となり、同オブジェクトの interval キーに設定される「取得時間間隔」と base_time キーに設定される「基準時刻」に基づき、定時刻にデータの収集を行う機能です。
基準時刻制御における「取得時間間隔」は60, 120, 180, 300, 600, 900, 1800, 3600, 7200, 10800, 14400, 21600, 28800, 43200と86400の倍数に限られます。 「取得時間間隔」としてこれら以外の値が設定されると PD Handler SW4x 内で次のように扱われます。
基準時刻制御における取得時間間隔の設定と実動作値

取得時間間隔の設定値

実動作値

0 ~ 199

60

120 ~ 179

120

180 ~ 299

180

300 ~ 599

300

600 ~ 899

600

900 ~ 1799

900

1800 ~ 3599

1800

3600 ~ 7199

3600

7200 ~ 10799

7200

10800 ~ 14399

10800

14400 ~ 21599

14400

21600 ~ 28799

21600

28800 ~ 43199

28800

43200 ~ 86399

43200

86400 ~

86400 の倍数

「基準時刻」とは動作の起点となる時刻で、例えば「取得時間間隔」を300とし、「基準時刻」を'00:01'とした場合、データの取得は 00:01, 00:06, 00:11 ... 00:56, 01:01 ... 23:56, 00:01の定刻に行われます。
データの取得開始時刻は「基準時刻」に設定さた時刻そのものではなく、「基準時刻」と「取得時間間隔」から算定される直近の時刻となります。
例えば08:30に「基準時刻」'01:05'、「取得時間間隔」10800の設定が行われた場合、最初のデータ取得は10:05に行われ、以降13:05, 16:05, 19:05, 22:05, 01:05の順におこなわれます。

設定ファイルの書式

構文

{
    "custom_file": "<カスタマイズ用設定ファイル>",
    "sw4x_model_file": "<モデリングファイル>",
    "sw4x_rtu_file": "<RTU モデリングファイル>",
    "model_file": "<Modbus モデリングファイル>",
    "localname": "<デバイスのローカル名>",
    "enable": <論理値>,
    "bind": "<データを受け取るソケット名>",
    "push_to": "<データの送り先ソケット名>",
    "buffer_size": <データのバッファサイズ>,
    "receive": <論理値>,
    "reply": <論理値>,
    "raw_mode": <論理値>,
    "uart_device": "<シリアル接続デバイス名>",
    "gid": <無線ネットワークの GID>,
    "power20": <論理値>,
    "channel": <無線チャンネル>,
    "rtt": <Modbus RTU ノードの Round trip time>,
    "infos" : "<出力に付加されるユーザー定義オブジェクト."
}

設定オブジェクト

PD Handler sw4x の設定 オブジェクト

キー

データ型

説明

sw4x_model_file

文字列

モデリングファイル . デフォルト値は '/var/webui/config/pd_handler_sw4x_model.conf'. ファイルが実在しない場合は、ハードコーディングされたモデリングが用いられる. (MAXPATHLEN)

sw4x_rtu

文字列

RTU モデリングファイル . デフォルト値は 、'/var/webui/config/pd_handler_sw4x_rtu.conf'.

model_file

文字列

Modbusモデリングファイル. デフォルト値は、'/var/webui/config/pd_handler_modbus_2_model.conf'. (MAXPATHLEN)

enable

論理値

デフォルト値はfalse.

localname

文字列

デバイスのローカル名(デバイス番号). (32byte)

bind

文字列

制御メッセージを受け取るソケット名. 文字列の先頭が '@' の場合はabstract namespace と解釈します. 空の場合は、デフォルト値 '@/pd_handler/<localname>.sock' が設定されます.

push_to

文字列

データの送り先ソケット名. 文字列の先頭が '@' の場合はabstract namespace と解釈します. 空の場合は、デフォルト値 '@/pd_repeater/<localname>.sock' が設定されます.

buffer_size

整数値

データのバッファサイズ(byte). デフォルト値は 4096.

receive

論理値

クラウドからメッセージを受け取る(下流方向制御を行う) か否か. デフォルト値はfalse.

reply

論理値

下流方向制御に対しステータスメッセージを返すか否か. デフォルト値は false.

raw

論理値

データをパースせずにそのまま文字列として送信する. デフォルト値は false.

uart_device

文字列

SW4x 通信モジュールを接続するシリアルデバイスのデバイス名. デフォルト値は '/dev/ttyEX2'

gid

整数値

無線ネットワークの GID. 101 〜 254. デフォルト値は 101.

power20

論理値

無線出力を 1mW から 20mW に切替えるか否か. デフォルト値は true.

channel

整数値

無線チャンネル. 無線出力 1mW 時: 25 〜 75、20mW時: 25〜60、ただし 32,33,61,62,63 を除く. デフォルト値は 60.

rtt

整数値

Modbus RTU ノードの Round trip time(msec). デフォルト値は 500(ms).

infos

JSON obj

出力に付加されるユーザー定義オブジェクト.

メッセージオブジェクト

コマンド入力オブジェクト

コマンド入力に用いられる JSON オブジェクトを示します。

コマンド入力オブジェクト

キー

データ型

説明

rid

文字列

制御対象ノードの RID を '0xNN' 形式で指定する.

cmd

文字列

制御対象ノードに対する CMD のバイト列を '0xNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN' 形式で指定する. 文字列が 2byte + 24byte に満たない場合、下位のバイトは '0x00' で埋めれる. 以下の bNN, unitType, ctlCd, circuitNumber が設定された場合、上書される.

bNN

文字列

CMD バイト列の 'NN' 番目に設定するバイト列を '0xNNnnnn' 形式で指定する. 'NNnnnn' は任意長のバイト列. 例えば 'B07 - B04' を '0x12345678' とする場合は '"b07":"0x12345678"' と指定する.

unitType

文字列

ユニットタイプを '0xNN' 形式で指定する. '"b11": "0xNN"' と同義。

ctlCd

文字列

制御コードを '0xNN' 形式で指定する. '"b10": "0xNN"' と同義.

subCtlCd

文字列

サブ制御コードを '0xNN' 形式で指定する. '"b09": "0xNN"' と同義.

sensorNumber

文字列

センサー番号を '0xNN' 形式で指定する. '"b08": "0xNN"' と同義.

circuitNumber

文字列

回路番号を '0xNN' 形式で指定する. '"b08": "0xNN"' と同義

応答メッセージオブジェクト

SW4000 シリーズ無線センサーネットワークは、コマンド入力に対し非同期に応答するため、応答メッセージは入力されたコマンドが無線センサーネットワークへの出力されたことを通知するものであり、各ノードにおけるコマンドの実行結果については通常のデータ出力メッセージとしてハンドリングされます。
応答メッセージは設定オブジェクトの reply キーが true に設定されている場合に出力されます。
応答メッセージに用いられる JSON オブジェクトをしめします。
応答メッセージオブジェクト

キー

データ型

説明

timestamp

文字列

コマンド出力時刻. ISO8601拡張書式

request_from

文字列

リクエストメッセージの送付元クラウドID

reply_to

文字列

リクエストメッセージの MD5

result

論理値

出力ステータス

reason

文字列

エラーの理由

request

文字列

入力されたコマンド

gid

文字列

GID

rfChannel

整数値

無線チャンネル番号

rfPower

整数値

無線出力(mW)

nodeInfos

JSON obj

nodeInfos オブジェクト

infos

JSON obj

infos オブジェクト

キーの名称と一部のデータ型は、SW4X_COMMN オブジェクトの設定により変更することができます。

クラウドからの制御

例えば、RID '0xFA' の SW4230_1000 CO2ノードの標高設定を 1234m に設定するのであれば、次のメッセージを送ります。

{
   "rid": "0xFA",
   "cmd": "0x200102000000000000001234"
}

設定オブジェクトの reply キーが true に設定されている場合、次の応答メッセージが返されます。

{
   "timestamp": "2019-11-14T11:30:08.949+09:00"
   "request_from": "0x13(0)",
   "reply_to": "1bf33e22f0c27bcbc9a933580da6bb72",
   "result": true
}

CLI(pd_handler_sw4x_cli)

pd_handler_sw4x_cli は、クラウドからの制御をローカルに行うためのアプリケーションです。
pd_handler_sw4x とはインタフェースが競合するため、pd_handler_sw4x を停止した上で使用して下さい。

pd_handler_sw4x_cli のオプションは次の通りです。

root# /usr/sbin/pd_handler_sw4x_cli -h
usages: pd_handler_sw4x_cli [-dqs][-c <conf file>] <RID> <CMD string>
  -c conf file   Conf file. [default: /var/webui/config/pd_handler_sw4x.conf]
  -d             Debug mode.
  -q             Quiet mode.
  -s             Write property to module.
<RID>は、制御対象ノードの RID を '0xNN' 形式で指定します。
<CMD string>は、制御対象ノードに対する CMD のバイト列を '0xNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN' 形式で指定します。
文字列が 2byte + 24byte に満たない場合、下位のバイトは '0x00' で埋めれます。
'-s' オプションは SB-4020 通信モジュールに対する書き込みを行うためのオプションでです。