Node-RED事前準備

Node-REDのインストール

本製品出荷時では、Node-REDはインストールされておりません。そのため、WEB UIの「メンテナンス」→「機能拡張」タブからNode-REDをインストールしてください。

set1

WEB UIの「メンテナンス」タブを選び、さらに「機能拡張」タブをクリックすると機能拡張用のパッケージを選択することができます。

set2

インストール機能のリストから「Node-RED」を選択します。

その後、インストールの「実行」ボタンを押し、インストールを行ってください。

尚、インストール完了後には反映を行うため、本体再起動が必要となります。そのため、「メンテナンス」→「停止・再起動」から本製品の再起動を行ってください。

Node-RED起動設定

Node-REDのインストールが完了している場合、サービスWEB UIの「サービス」→「基本」タブにNode-REDの項目が表示されます。

このNode-REDのリンクを押して下さい。これにより、「Node-RED」タブへと遷移します。

set3

set4

「Node-RED」→「Node-RED」タブからNode-RED自体の設定を行えます。

Node-RED

項目

備考

使用設定

Node-REDの使用設定を行います。Node-REDを使用する場合には、「使用する」を選択してくださ い。

ポート番号

Node-REDへアクセスするためのポート番号を設定します。通常は、デフォルトの1880から変更する 必要はありません。

ログイン認証設定

ログイン認証を使用する場合には"使用する"を選択し、ユーザー名及びパスワードを設定し保存 ボタンを押してください。

使用Config設定

Node-RED自体の起動設定Configファイルを本システムまたはユーザー編集したものと切り替えるこ とができます。

「ユーザー定義コンフィグ」を選択した場合、コンフィグ編集用タブが表示されます。

設定完了後、保存ボタンを押すことによりNode-REDが起動・停止します。

※リンクボタンを押すことによって起動中のNode-REDへアクセスすることができます。ただし、AirManage経由の場合にはアクセスは行えません。AirManage経由の場合にはURIプロキシ機能を用いてアクセスしてください。

また、Node-RED機能を使用する状態にて、保存ボタンを押した場合にて、フィルターが解放されていない場合には、解放確認のポップアップが表示されます。また、解放ポリシー設定ポップアップが出ますので、設定したいポリシーのボタンを押してください。

set5

Node-REDのブラウザフィルタについて

Node-REDのインストールが完了している場合、Node-RED自体へのWEBアクセスを行う場合、Node-REDのフィルターを開放する必要があります。Node-RED機能を使用しフィルターの開放設定を行っていない場合には、WEB UIの「システム」→「フィルター」タブにてフィルターを開放してください。

set6

デフォルトではNode-REDのブラウザアクセスはできないようにフィルターが適用されています。

"有効"に設定し、保存ボタンを押してください。

尚、セキュリティの観点上、Node-REDの設定完了後はフィルターを閉鎖してください。

パケットフィルタについて

Openblocksの入力方向のパケットフィルタは、WEB UIへのアクセスや時刻同期等、システムの動作に必要となるポートを除き開放されておりません。

TCP 入力ノード 等、リモートからの接続を待ち受けるノードを使用し外部から受信する場合、必要に応じて別途パケットフィルタを開放する必要があります。

パケットフィルタの操作は、/var/webui/local/bin/iptables-ext.shファイルを作成しWEB UIの「メンテナンス」→「フィルター」タブから、iptables編集するスクリプトを作成してください。