Samba設定

Sambaのインストール

本製品出荷時では、Sambaはインストールされておりません。そのため、WEB UIの「メンテナンス」→「機能拡張」タブからSambaをインストールしてください。

set1

WEB UIの「メンテナンス」タブを選び、さらに「機能拡張」タブをクリックすると機能拡張用のパッケージを選択することができます。

set2

インストール機能のリストから「Samba」を選択します。

その後、インストールの「実行」ボタンを押し、インストールを行ってください。

尚、インストール完了後には反映を行うため、本体再起動が必要となります。そのため、「メンテナンス」→「停止・再起動」から本製品の再起動を行ってください。

Samba起動設定

Sambaのインストールが完了している場合、サービスWEB UIの「拡張」→「Samba」タブにSambaの項目が表示されます。

使用設定を「使用する」に設定し、保存することでファイル共有用サーバーとして扱うことができます。

アクセス用にSamba用ユーザーとして"obssamba"を用意しております。デフォルトパスワードは"P1atDeb1an"です。セキュリティの観点上、パスワードは変更してください。

set3

Samba

項目

備考

使用設定

Sambaの使用設定を行います。Sambaを使用する場合には、「使用する」を選択してください。

Samba用ホスト名

同一ネットワーク内のWindowsPC等で表示する名前を設定します。

Samba用ディレクトリパス

ファイル共有として扱うディレクトリパスを設定します。

認証設定

ファイル共有先にアクセスする場合の、セキュリティの設定を行います。

認証なし:共有先にアクセスする場合、認証は発生しません。

Sambaユーザーのみ:共有先にアクセスする場合、Samba用のユーザーのみアクセスできます。

※Samba用ユーザーとしてobssambaを用意しています。

パスワード

入力フォームに対して、パスワードを設定し変更ボタンを押すことで、Samba用ユーザー(obssamba) のパスワードが変更可能です。

設定完了後、保存ボタンを押すことによりSambaが起動・停止します。

尚、Samba機能を使用する状態にて、保存ボタンを押した場合にて、フィルターが解放されていない場合には、解放確認のポップアップが表示されます。また、解放ポリシー設定ポップアップが出ますので、設定したいポリシーのボタンを押してください。

set4

尚、本機能での書き込み等についてはストレージ寿命を縮めることが想定されます。

そのため、ディレクトリパス先については外部ストレージやtmpfs等の本体ストレージに影響のない場所を推奨いたします。

Sambaパケットフィルタについて

Sambaのインストールが完了している場合、ファイル共有用のプロトコル通信の為、Sambaのフィルターを開放する必要があります。そのため、WEB UIの「システム」→「フィルター」タブにてフィルターを開放してください。

set5

デフォルトではSamba用のアクセスはできないようにフィルターが適用されています。

"有効"に設定し、保存ボタンを押してください。