ご利用の前に

SIMについて

OpenBlocksシリーズにて、搭載可能なSIM形状は一部の型番の物を除きmini-SIM(2FF)です。mini-SIM 対応モデルにてmicro-SIM及びnano-SIMを使用する場合には、脱落防止フィルム有及び接着テープ有でSIMを固定できるアダプタを使用してください。尚、SIMアダプタを使用した場合でのSIMスロットの破損は有償修理対象となります為、ご注意ください。

OpenBlocksシリーズの設置

OpenBlocks IoT Family(OpenBlocks IoT VXシリーズは除く)はUSB充電器を外部バスパワー電源として利用するので別途お買い求めください。(USB充電器はPSEマーク付きの国内安全規格品をご利用ください。また、出力電力は1A以上の物を使用してください。) 添付のUSB給電コンソールケーブルを使い本装置とUSB充電器を接続します。

bx_connect

ex_connect

OpenBlocks IoT VX2及びIX9では付属のACアダプタを用いて以下のように接続します。

※OpenBlocks IoT VX2ではワイドレンジ電源入力についてもサポートしておりますので、そちらでの稼働についてもご検討下さい。

vx_connect

利用可能状態になるとステータスインジケーターが点灯・点滅します。

(表示色はその時の状態によります。)

WEBクライアントの準備

注釈

WEBクライアントは日本語設定にて、WEB UIへアクセスしてください。

本装置のWEB UIにアクセスするには、WEBクライアントが必要です。 WEBクライアントにはEthernet使用可能またはWLAN接続可能なPCやタブレット、スマートフォンが利用できます。 WLAN設定時には本装置のアクセスポイント(SSID)を選択し接続します。

WLAN接続の場合

SSID接続時

WEB画面

ssid

webui

スナップショットはスマートフォンの画面で、WLANのSSID一覧から本装置のSSID("iotfamily_"本体シリアル番号)を選択した画面です。ここで出荷時デフォルトのパスワード"openblocks"と入力すると接続できます。 WLAN接続できたらWEBブラウザを使い次のアドレスにアクセスします。 ※本体シリアル番号は筐体の背面に記載されています。

WLAN接続時URL

HTTP接続

http://192.168.254.254:880

HTTPS接続

https://192.168.254.254:4430

Ethernet接続の場合

接続するWEBクライアント(PC)のEthernetポートとOpenBlocksシリーズのeth0ポートをLANケーブルにて直接接続します。

pc_to_obs

WEBクライアントのIPアドレスを169.254.0.0のネットワークにアクセスできるIPアドレス(169.254.0.100等の200以外)を設定しWEBブラウザにて次のアドレスにアクセスしてください。

※WEBクライアントがWindowsマシンでかつ、対象のEthernetインターフェースがDHCPクライアント設定となっている場合には169.254.0.0のアドレスが自動で設定されます。そのため、IPアドレスの設定は不要です。

Etherrnet接続時URL

HTTP接続

http://169.254.0.200:880

HTTPS接続

https://169.254.0.200:4430

※パソコンでのWEBクライアントとして用いるWEBブラウザはGoogle Chrome及びFirefoxの最新バージョンをサポートします。また、Internet Explorerでは一切の操作が行えませんのでご使用しないでください。