ファクトリーリセット

本章ではFW品のOpenBlocksを工場出荷状態に戻すためのファクトリーリセットについて解説します。

シリアル通信の準備

ファクトリーリセットを行うためにはOpenBlocksのRS-232Cポート(console)を使ったシリアルコンソールで作業を行う必要があります。
作業はWindows PCを前提に説明します。
※その他USBインターフェースを持つApple社のMACなどでもシリアルコンソールを使って操作可能ですが、ここでは割愛します。

  • BXシリーズの場合、標準添付品のケーブルをACアダプタに接続せずパソコンのUSBポート(Type-A)に接続します。

ref01

  • EX1シリーズ、VXシリーズ、IX9シリーズの場合、consoleポート(micro USB-B)に添付のUSBケーブルを接続しパソコンのUSBポート(Type-A)に接続します。

ref01

WindowsのUSBシリアルドライバの確認

OpenBlocksをUSBケーブルでWindowsパソコンに接続するとUSBシリアルポートが認識されます。
USBシリアルの認識に成功するとデバイスマネージャには以下の通りSilicon LabsのCP210xまたはFTDIと表示されます。

もし、Windowsから認識されない場合は、USBシリアルドライバが登録されていない可能性があります。
その時は下記のWEBからドライバをインストールしてください。

USBシリアルドライバのダウンロードページ

通信ソフトの準備

USBシリアルの認識に成功したらTeraTermなどの通信ソフトでログインします。
TeraTermの接続先はWindowsで認識されたUSBシリアルポートを選びます。

ref02

次にシリアルポートの通信設定を行います。 スピードを115200に設定します。

ref03

接続に成功したらrootログインします。

ref03

ログインパスワードは自分でセットしたパスワードを使ってください。
ログイン出来たら準備完了です。

工場出荷イメージを書き込む

OpenBlocks IX9/IoT VXシリーズの場合

OpenBlocks IoT VXシリーズ及びIX9にてストレージ領域へパッケージの追加や重要データの削除等を実施してしまい、工場出荷状態に戻したい場合、GRUBメニューのFactory Imageを選択することで工場出荷状態へ戻すことが出来ます。
※工場出荷状態に戻した場合には設定したデータ等は全て削除されますのでご注意ください。

use04

OpenBlocks EX1/BXシリーズの場合

OpenBlocks EX1/BXシリーズの場合、内蔵eMMCストレージの容量が少ないため工場出荷イメージ(ユーザーランド)を専用WEBサイトからダウンロードする必要があります。
また、カーネル毎に専用出荷イメージが用意されているので、それぞれ間違えないようにダウンロードしてください。

工場出荷イメージをダウンロード

専用のユーザーランドをダウンロードする前にカーネルバージョンを調べます。

  • カーネルバージョンの確認方法
# dpkg -l | grep kernel-image
ii kernel-image-obsbx1s 3.10.98-301 i386 Linux kernel image for OpenBlocks

この表示された3.10.98-301と言う部分に合わせて専用の工場出荷イメージがFTPサーバーに用意されています。
また、一つのカーネルバージョンにユーザーランドが複数あるので任意のバージョンを選んでください。

KernelVer.ダウンロードMD5
3.10.98-301FW4obsbxex_userland_4.0.3-2_20201203.tgzda8bda7893d1df515280b8ebcdb47dba
3.10.98-300FW4obsbxex_userland_4.0.2-2_20200817.tgz405155c381417b3536810271e76430fd
3.10.98-300FW4obsbxex_userland_4.0.1-9_20200611.tgz8b84566489dec88c371c362b7c12a73d
3.10.98-202FW3obsbxex_userland_3.4.3-1_20210217.tgzd764d1dc1f874a786f1a09db617e2be6
3.10.98-201FW3obsbxex_userland_3.4.2-3_20200720.tgz7562571d9138a63873aa9dd5c1df9ae7
3.10.98-200FW3obsbxex_userland_3.4.1-2_20200311.tgzfdb3f021295a7d5706e08e8259b9b721
3.10.98-200FW3obsbxex_userland_3.4.0-8_20191210.tgz8184b29ec41f618ec20d542a3c687e20
3.10.98-200FW3obsbxex_userland_3.3.3-1_20190828.tgz7d21ba1c7962a0c4f38dc5fc781bcfd3
3.10.98-200FW3obsbxex_userland_3.3.2-9_20190708.tgz6a91fc5a3e2045acb21a5397a8ab0725
3.10.17-201FW3obsbxex_userland_3.3.1-6_20190308.tgze9bf0994a8e9713ebf964789edc2b5c2
3.10.17-200FW3obsbxex_userland_3.3.0-13_20181226.tgzc5c88c2eb6602326ac2e7d161286ba99
3.10.17-104FW2obsiot_userland_2.1.10-2_20200318.tgz80e88e3832371968f2b2b34cbeada47c
3.10.17-17FW1bx1_userland_web1.0.14-1.tgzcdf572b43a9e555433529deca1ccb9bc

※FW1/FW2に関しては別バージョンもあるのでサポートにお問い合わせください。

FW4.x系の場合

  • リカバリブートモード起動
# fw_setenv bootcmd 'run bootRecovery;'
# reboot
  • 工場出荷イメージの転送

パソコンにダウンロードした工場出荷イメージのtgzファイルをOpenBlocksの/rootのディレクトリに転送しておきます。
ファイルはsftpコマンドなどでOpenBlocksへ転送してください。

  • uboot環境変数設定ファイルをダウンロード

uboot環境変数設定ファイルFW4用 ←マウス右クリックメニューから「名前を付けてリンク先を保存」を選んでパソコンへダウンロードしOpenBlocksの/rootのディレクトリに配置しておきます。
ファイルはsftpコマンドなどでOpenBlocksへ転送してください。

  • 工場出荷用データ展開及びストレージモード起動

工場出荷用データの展開時にシステムクロックの整合性でエラーログが表示されますので、エラーログを/dev/nullへ出力してください。
※ /dev/nullへ出力しない場合には、エラーログの表示により本処理に時間がかかります。

# yes | mkfs -t ext4 -L "" /dev/mmcblk0p10
# mount /dev/mmcblk0p10 /mnt
# tar --numeric-owner -xpzf /root/<工場出荷用データ> -C /mnt 2> /dev/null
# umount /mnt
# /root/update_ubootenv.sh --edison-default
# /root/update_ubootenv.sh -a
# rm -f /root/<工場出荷用データ>
# rm -f /root/update_ubootenv.sh
# reboot

FW3.xの場合

  • リカバリブートモード起動
# fw_setenv bootcmd 'run bootRecovery;'
# reboot
  • 工場出荷イメージの転送

パソコンにダウンロードした工場出荷イメージのtgzファイルをOpenBlocksの/rootのディレクトリに転送しておきます。
ファイルはsftpコマンドなどでOpenBlocksへ転送してください。

  • uboot環境変数設定ファイルをダウンロード

uboot環境変数設定ファイルFW3用 ←マウス右クリックメニューから「名前を付けてリンク先を保存」を選んでパソコンへダウンロードしOpenBlocksの/rootのディレクトリに配置しておきます。
ファイルはsftpコマンドなどでOpenBlocksへ転送してください。

  • 工場出荷用データ展開及びストレージモード起動

工場出荷用データの展開時にシステムクロックの整合性でエラーログが表示されますので、エラーログを/dev/nullへ出力してください。
※ /dev/nullへ出力しない場合には、エラーログの表示により本処理に時間がかかります。

# yes | mkfs -t ext4 -L "" /dev/mmcblk0p10
# mount /dev/mmcblk0p10 /mnt
# tar --numeric-owner -xpzf /root/<工場出荷用データ> -C /mnt 2> /dev/null
# umount /mnt
# /root/update_ubootenv.sh --edison-default
# /root/update_ubootenv.sh -a
# rm -f /root/<工場出荷用データ>
# rm -f /root/update_ubootenv.sh
# reboot

FW1.x~FW2.xの場合

  • ストレージ併用モード解除
# e2label /dev/mmcblk0p10 ""
# reboot
  • 工場出荷イメージの転送

パソコンにダウンロードした工場出荷イメージのtgzファイルをOpenBlocksの/rootのディレクトリに転送しておきます。
ファイルはsftpコマンドなどでOpenBlocksへ転送してください。

  • 工場出荷用データ展開及びストレージ併用モード起動

有効なSIMカードが挿入されていない場合、工場出荷用データの展開時にエラーログが表示されます。
そのため、エラーログを/dev/nullへ出力してください。
※ /dev/nullへ出力しない場合には、エラーログの表示により本処理に時間がかかります。

# yes | mkfs -t ext4 -L DEBIAN /dev/mmcblk0p10
# sync
# mount /dev/mmcblk0p10 /mnt
# tar --numeric-owner -xpzf /root/<工場出荷用データ> -C /mnt 2> /dev/null
# umount /mnt
# rm -f /root/<工場出荷用データ>
# reboot