PD Handler HVSMC

デフォルトパス

PD Handler HVSMC に関連するファイルのデフォルトパスは次の通りです。

PD Handler HVSMC に関連するファイルのデフォルトパス

パス名説明
/usr/sbin/pd-handler-hvsmc常駐実行オブジェクト(デーモン)
/etc/init.d/pd-handler-hvsmcRC ファイル
/var/webui/config/pd-handler-hvsmc.conf設定ファイル
/var/run/pd-handler-hvsmc.pidPID ファイル
/var/webui/pd-logs/pd-handler-hvsmc.logログファイル

設定ファイルの書式

構文

{
"hvsmc": <hvsmc オブジェクト>
}

ルートオブジェクト

ルートオブジェクト

キーデータ型説明
hvsmcJSON objhvsmv オブジェクト

hvsmc オブジェクト

hvsmc オブジェクト

キーデータ型説明
enable論理値データを送信するか否か
localname文字列デバイスのローカル名(デバイス番号). (32byte)
push_to文字列データの送り先ソケット名. 文字列の先頭が '@' の場合は abstract namespace と解釈する. 空の場合は、デフォルト値 '@/pd_repeater/<localname>.sock' が設定される.
memo文字列出力に付加されるユーザー定義文字列. (256byte)
nif文字列高圧スマート電力量メータを接続するEthernetインタフェースのデバイス名.
raw_data_mode論理値取得したデータを変換せずにPD Repeaterへ送るか否か. デフォルト値は false.
demand_info論理値定時計測時に需要電量の取得を行うか否か. デフォルト値は false.
measured_info論理値計測値の取得を行うか否か. デフォルト値は false.
measured_interval整数値計測値の取得を行う時間間隔(min). デフォルト値は 0.