Samba設定

Winsdowパソコンとファイル共有を行う場合にSambaを使います。

Sambaのインストール

WEB-UIのメンテナンス機能拡張タブから機能拡張用のパッケージプルダウンメニューからSambaを選択してください。

set2

次にインストールの実行ボタンを押しインストールします。

Sambaの設定

Sambaがインストールが完了するとWEB-UIの拡張SambaタブにSamba画面が表示されます。 以下の設定画面の使用設定を使用するにし、保存することでSambaサーバーが機能します。

アクセス用にSamba用ユーザーIDとしてobssambaを用意しております。
デフォルトパスワードはP1atDeb1anです。

set3
caution

セキュリティの観点上、パスワードは変更してください。

設定説明
項目説明
使用設定Sambaの使用設定を行います。
Sambaを使用する場合には使用するを選択してください。
Samba用ホスト名同一ネットワーク内のWindowsPC等で表示する名前を設定します。
Samba用ディレクトリパスファイル共有として扱うOpenBlocksのディレクトリパスを設定します。
※事前にディレクトリ用意し ておく必要があります。
認証設定ファイル共有先にアクセスする場合のセキュリティの設定を行います。
認証なし:だれでもアクセスできます。
Sambaユーザーのみ:Samba用に用意されたアカウントのみアクセスできます。
※Samba用ユーザーIDobssamba
パスワードパスワードを変更する時は、パスワード文字列を入力し変更ボタンを押してください。
Samba用ユーザーデフォルトパスワードはobssambaです。

設定後、保存ボタンを押すとSambaの設定内容が保存され設定値が反映されます。

なお、Samba機能を使用する状態にて、保存ボタンを押した場合にて、Samba用ポートフィルターが解放されていない場合には、解放確認のポップアップが表示されます。
ポップアップウィンドウでフィルター解放ポリシー設定ポップアップが出るので、設定したいポリシーのボタンを押してください。

set4

設定が終わったら、最後にシステムの再起動を行うとSambaga起動状態で立ち上がります。

info

Samba機能での書き込みによってストレージ寿命を縮める場合があります。
そのためSambaの読み書きが頻繁な時はUSB外部ストレージなどをお使いいただく事をお奨めいたします。

caution

セキュリティの観点上、なるベくローカルネットワークにしてください。

Sambaポートフィルタについて

Samba設定時のポート開放のポップアップウインドウ以外にもWEB-UIからポートフィルター制御ができます。
WEB-UIのシステムフィルタータブからポートフィルターの設定変更ができます。

set5

デフォルトではSambaのアクセスができないよう無効が設定されています。

caution

ファイル共有において対象ストレージの使用率が一定以上となった時、不必要なファイルを削除するなどの適切な処置を行ってください。