OpenBlocks IoT BX1

OpenBlocks IoTのオールインワンモデルでNTTドコモ系列の3G回線に上流ネットワーク接続を行います。

製品本体

  • 製品画像

製品画像

  • インターフェイス部画像

インターフェイス部画像

BX1向けパッケージ内容

OpenBlocks IoT BX1の標準品構成は以下の通りです。

BX1本体 1台

bxskel

USB給電コンソールケーブル 1本

bxcable

ご使用にあたって 1部

OpenBlocksをご購入後一番はじめにお読みください。内容を確認する場合は、こちらを押してくだ さい。

iotusing

各部の名称(BX1本体)

bxpart

No.名称備考
1パワースイッチ短押しでOSをシャットダウンします。
(INITスイッチの4秒以上長押しと同一)
また、8秒以上の長押しで強制的に電源OFFします。
2FUNCスイッチ割当された機能が動作します。
なお、INITスイッチと印字されている場合は、FUNCスイッチ として読み替えてください。
3ステータスインジケーター7色のLEDで点灯、点滅をします。
4BX1コネクタ様々なIOに対応したコネクタです。
それぞれのIOに合わせたケーブルを接続可能です。
5SIMスロット3G回線(NTTドコモ系列)を契約したSIMを挿入するスロットです。
※対応するSIMの形状はmini-SIM(2FF)となります。(一般的に標準SIMと呼ばれる規格)
SIMの着脱方法

SIMの挿入は上図右の様にコネクタ面を上にし、コイン等を使って奥まで入れてください。
また、抜くとき時も同様にコインを使用しSIMスロットの奥まで差し込むとロックが外れてせり出してきます。

寸法図

寸法図

本体仕様

項目内容
モデルOBSBX1
型番OBSBX1
CPUモデルIntel Atom プロセッサー
動作速度500MHz (デュアルコア)
メインメモリ1GB(LPDDR3)
内蔵ストレージ4GB(eMMC)
無線インターフェース3G(W-CDMA):band 1/2/5/6/81※1
BT4.0
WLAN(IEEE802.11a/b/g/n)
SIMインターフェース通信用mini-SIMカードスロット
有線インターフェースBX1コネクタ標準添付:USB2.0(バスパワー・type-A)
寸法41.6mm(W) x 96mm (D) x 11.3mm(H) (突起部含まず)
重量45g
電源DC 4.75~48V
(USBケーブルによる給電時:DC4.75~5.25V)
消費電力アイドル時3G通信アクティブ時:0.8W
3G通信非アクティブ時:0.1W※2
高負荷時4.6W
MTBF224,858h
EMC規格VCCI class B適合
エネルギー消費効率[単位:W/GTOPS]※3区分:H
0.17
環境保護RoHS指令 PFOS規制 省エネルギー法
認証JATE / TELEC
RTCバックアップ時間最大約10分
出荷時OSDebian GNU/Linux
info

※1 : NTTドコモ FOMA網に対応しています。
※2 : Power Save = Auto設定した時の値です。
※3 : エネルギー消費効率とは省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。