OpenBlocks IX9 Debian搭載モデル向け

製品型番

型番備考
OBSIX9/DnAAirManage Agent搭載版のOpenBlocks IX9 Debian搭載モデル
OBSIX9/DnAirManage Agent非搭載のOpenBlocks IX9 Debian搭載モデル
info

型番のnはDebianのメジャーバージョンを数字で表します。
Debian 10のAirManage Agent搭載版のOpenBlocks IX9はOBSIX9/D10Aとなります。

出荷時情報設定

コンソールおよびシリアルコンソール管理者ユーザ

項目備考
ユーザ名root
パスワード0BS1X91文字目は数字の「0」、4文字目は数字の「1」

AirManage用一般ユーザ

項目備考
ユーザ名obsuser
パスワード0penB1ox1文字目は数字の「0」、5文字目は数字の「1」
info

パスワードの変更を推奨いたします。

ホスト名

項目
ホスト名obsix9
ドメイン名N/A

IPアドレス

ポートIPアドレスネットマスク
Ether-0(eth0)192.168.254.254255.255.255.0
Ether-1(eth1)192.168.253.254255.255.255.0
Ether-2(eth2)192.168.252.254255.255.255.0
Ether-3(eth3)192.168.251.254255.255.255.0

ステータス・インジケーター表示

動作モードLEDの状態
パワーオン直後黄点灯
OS起動後緑点滅
パワーオフ時消灯

SSDの増設

OpenBlocks IX9を運用中、データなどの保存領域が不足する場合には、オプションのストレージを増設してください。

取り付け方法

  1. 上カバーを外す

obsix9_screw_out

本体側面4か所のネジを取り外します。

obsix9_cover_out

上カバーを上に持ち上げ取り外します。このとき、背面のACアダプタ差込口の引っ掛かりに注意して持ち上げてください。

  1. ストレージを取り付ける

obsix9_ssd_in

ACアダプタ差込口側にあるM.2差込口に取り付けたいストレージを差し込みます。

obsix9_ssd_screw

ストレージを下へ抑えながらネジを締めて固定します。

  1. 上カバーを戻す

obsix9_cover_in

上カバーを取り外したときとは逆の手順で上カバーを戻します。
上カバーを戻すときに側面のツメ(4か所)を上カバーの内側へ差し込むように取り付けます。

obsix9_screw_in

上カバーを取り付け後、本体側面4か所のネジを締め完了です。

設定

RAMディスクモードにおけるデータ蓄積向け設定

  1. コンソールまたはシリアルコンソールで接続し、rootユーザでログインします。
  2. パーティションを作成するために以下のコマンドを実行します。
    本コマンドはパーティションテーブルをGPTで構成し、1つのパーティションを作成しています。
# parted /dev/sda -s -- mklabel gpt
# parted /dev/sda -s -- mkpart primary ext4 1 -1
  1. ファイルシステムを作成するために以下のコマンドを実行します。
# mkfs.ext4 /dev/sda1
  1. 起動時にマウントするために、ファイル/etc/fstabに以下の一行を追加します。
    下記は「/dev/sda1」の「/media/sda1」へマウントを行う記載です。
/dev/sda1 /media/sda1 ext4 defaults 1 2
  1. 上記の設定を保存するために、以下のコマンドを実行します。
# flashcfg -S
  1. 再起動するために、以下のコマンドを実行します。
# reboot
  1. 起動したらログインして、dfやmountコマンドで、外部ストレージがマウントされているか確認してください。

ストレージ併用モード向け設定

  1. コンソールまたはシリアルコンソールで接続し、rootユーザでログインします。
  2. パーティションを作成するために以下のコマンドを実行します。
    本コマンドはパーティションテーブルをGPTで構成し、1つのパーティションを作成しています。
# parted /dev/sda -s -- mklabel gpt
# parted /dev/sda -s -- mkpart primary ext4 1 -1
  1. ファイルシステムを作成するために以下のコマンドを実行します。
# mkfs.ext4 -L DEBIAN /dev/sda1
  1. RAMディスクモードにて保存したバックアップデータの再展開防止のために、以下のコマンドを実行します。
# flashcfg -E
  1. 再起動するために、以下のコマンドを実行します。
# reboot
  1. 起動したらログインして、dfやmountコマンドで、外部ストレージがマウントされているか確認してください。