PDHMSの調整

PD Repeaterや各PD Handlerにて一時的な書き込みや、頻繁な書き込み用にメモリ上のファイルシステム(tmpfs)を用いています。
この部分はデフォルトでサイズを設定していますが、WEB-UIのIoTデータ調整タブから調整が可能になっています。

調整メニューの設定項目

設定項目説明
PD Repeaterデータベースサイズ[MB]PD Repeaterが作成するデータベースの最大サイズの指定です。
16 ~ (認識メモリ / 8 - 3 ) [MByte]の範囲で指定可能です。
PD Repeater用メモリサイズ[MB]PD Repeaterがデータベースの書き込みに用いるtmpfsのサイズ指定です。
35 ~ ( 認識メモリ / 4 ) [MByte]の範囲で指定可能です。
ログ領域用メモリサイズ[MB]PD Repeater及び各PD Handler等のログ書き込みに用いるtmpfsのサイズ指定です。
128 ~ 256 [MByte]の範囲で指定可能です。
BLE Handler用本体内データ用サイズ[MB]PD Handler BLEの本体内のデータ書き込み先のtmpfsのサイズ指定です。16 ~ 64 [MByte]の範囲で指定可能です。
BLE Handler用一時確保サイズ[MB]PD Handler BLEの一時保存領域に用いるtmpfsのサイズ指定です。
3 ~ 16 [MByte]の範囲で指定可能です。
Modbus Server用メモリサイズ[MB]PD Handler Modbus Serverの一時保存領域に用いるtmpfsのサイズ指定です。
1 ~ 16 [MByte]の範囲で指定可能です。

保存ボタンを押すことに反映されます。

caution
  • PD Repeaterのデータベースサイズが前回時点の物より小さいサイズを指定した場合、データベースファイルを削除します。
    そのため、重要なデータが存在しない事を確認の上、設定を変更してください。
  • PD Repeaterのデータベースとメモリサイズは以下である必要があります。

    (データベースサイズ x 2 + 1) < (メモリサイズ)

    設定変更時に、エラーとなる場合にはご参考にしてください。